環境・社会

企業理念

高圧ガス工業グループの企業理念

1 「人と技術と環境の調和。無限の可能性に挑む。」という理念のもと、「創業の精神を忘れずに、アセチレンバウム(アセチレンの樹)の夢を追い求めて、限りない可能性の炎を燃やし続ける」グループ企業をめざします。
2 「株主」及び「取引先」各位ならびに「従業員」を三位一体と考え、公正妥当な倫理基準に基づいた事業活動を通じて、社会に貢献できる経営を行ないます。
3 全般的な経営の効率化を地道に推進し、企業体質の健全性を維持しながら、企業価値を高め、事業規模の拡大をはかります。
4 「安全・安心をすべての基本姿勢」とし、創業以来一貫して、この姿勢を貫いております。
5 「地域に密着した企業ブランド」を構築し、存在感のあるグループ企業をめざします。
この企業理念は、高圧ガス工業グループ共通の認識であり、全社一丸となって実現に努めてまいります。

企業行動

企業倫理行動指針

高圧ガス工業株式会社及び関係会社(以下、「当社グループ」という。)のすべての役員(執行役員を含む。以下同じ)及び社員(顧問・臨時・嘱託・パートタイマー・派遣社員を含む。以下同じ)は、社会の一員として、あらゆる事業活動の場面において、企業の社会的責任を全うすることが、当社グループの事業活動に対する社会からの信頼と企業価値の向上をもたらすとの認識の下に、この行動指針を定め、これを誠実に遵守します。

Ⅰ.基本指針

・社会にとって有益かつ安全な製品とサービスを提供します。

・あらゆる事業活動の場面において、法令及び社内規程を常に遵守し、健全な商慣習と社会倫理に適合した事業活動となるよう努めます。

・あらゆる企業活動の場面において、公正で透明な事業活動を展開し、また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保ちます。

・市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力や団体とは断固として対決します。

・あらゆる事業活動の場面において、個人の人権と人格を尊重し、不当な差別やいやがらせを排除し、個人の尊厳を傷つける行為を行ないません。

・株主、顧客、協力会社、社員などのステークホルダーを尊重し、健全で良好な関係を築きます。

・会社財産や情報等の適切な管理に努め、第三者の権利を尊重します。

・環境問題への取り組みは、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、積極的に行動します。

Ⅱ.企業行動規範

1.社会との関係

(1)環境保全
社会の一員として、持続可能な社会づくりに貢献するため、関係法令及び各種規制を遵守し、また、製品のライフサイクルにたって環境への負荷を継続的に低減して行きます。

(2)寄付行為
寄付行為の必要性と妥当性を十分に考慮し、関係法令に従って行ないます。

(3)政治資金
政治資金、選挙、政治活動に関して、政治資金規正法、公職選挙法等の関係法令を遵守します。

(4)反社会的行為への関与の禁止
市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力や団体とは、一切の関係を遮断します。

2.お客様、取引先、競争会社との関係

(1)製品・サービスの安全性
常にお客様の満足を心がけ、関係法令に従い、製品・サービスの安全性と品質の保持に配慮します。

(2)自由な競争及び公正な取引

  • ・すべての取引先との間で、独占禁止法及び不正競争防止法等の関係法令を遵守し、自由競争の原理に基づいた公正な取引を行ないます。
  • ・資材等の購入先等に対して、常に対等、公正な立場で接し、関係法令及び契約に従い、誠実な取引を行ないます。
  • ・優越的地位を利用して不当な不利益を及ぼす取引、職務に関連して利益や便宜の供与を受ける等の個人的な利益の追求を行ないません。
  • ・取引先の選定においては、第三者との取引を含む合理的で公正な比較評価に基づいて行ないます。

(3)接待・贈答等

  • ・取引先等の接待、贈答品の授受にあたっては、健全な商慣習や社会常識に沿った行動をします。
  • ・国会議員、地方公共団体の長及び議員、官公庁・地方公共団体の役職員等に対し、贈賄行為はもちろん、営業上の不正な利益を得るための利益供与・便宜供与とみられる接待、贈答品の提供、その他合理的根拠のない対応を行ないません。

(4)輸出入

  • ・製品・技術・役務等も輸出入について、「外国為替及び外国貿易法」その他の国内外関係法令による規制を遵守します。

(5)広告・宣伝活動等

  • ・広告・宣伝等の営業活動において、製品・サービスの品質、性能、仕様について事実に反する表示・表現またはお客様に誤解を生じさせるおそれのある表示・表現を行ないません。
3.株主・投資家の皆様との関係

(1)企業情報の発信

  • ・株主・投資家の皆様に対し、会社の経営内容、事業活動の状況等の企業情報の開示を、関係法令に従い適時、適切かつ公平な方法により行ないます。

(2)インサイダー取引の禁止

  • ・職務や取引に関連して知り得た当社グループ及び他社の未公表の情報を利用して、株式等の有価証券の売買を行ないません。また、その情報を利用して、第三者への利益供与または便宜供与を行ないません。
4.社員との関係

(1)安全で働きやすい職場の確保

  • ・個人の人権と人格を尊重し、あらゆる不当な差別やいやがらせを排除し、公正な処遇がされる職場環境をつくります。
  • ・健康的で安全・効率的な働きやすい職場環境を維持するとともに、相互に率直なコミュニケーションがとれる、自由で闊達な企業風土の醸成に努めます。
  • ・労働関係法令及び就業規則をはじめとする人事、雇用に関する社内規程や規律を守ります。
  • ・能力開発支援等により、社員が仕事に誇りと責任を持ち、個性と自主性を発揮して業務に取り組み、ゆとりとゆたかさを実現していく活力ある企業を目指します。

(2)ハラスメント行為の禁止

  • ・性的な言動や職権を盾にした言動など法令や社会倫理に反する行為が職場で起きないよう互いの人格を尊重して行動します。

(3)プライバシーの保護

  • ・職場や業務を通じて知り得た、役員や社員の個人生活に関する情報を本人の同意なしに社内で開示しません。

(4)職場における情報の共有

  • ・職場での円滑なコミュニケーションと的確な意思決定を行なうために、報告、連絡、相談を適時に、遺漏なく行ないます。
5.会社財産・情報の管理

(1)会社財産の管理及び適正使用

  • ・会社財産(有形無形の資産)を社内規程に従い適正に管理し、私的用途に流用する等、業務目的外の用途に使用しません。

(2)秘密情報の取扱い

  • ・会社の秘密情報を厳重に管理し、在職中のみならず退職後も社内手続によることなく開示・漏洩しません。また、不正または不当に利用しません。
  • ・業務上知り得た取引先等の情報を正当な目的以外に使用しないとともに、不正な方法で取引先等の秘密情報にアクセスし、またはこれを入手しません。

(3)知的財産の保護と活用

  • ・研究開発等の知的活動の成果を、知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権等)によって保護し、積極的に活用するよう努めます。
  • ・第三者の知的財産権を尊重し、故意にこれを侵害または不正使用しません。

環境への取り組み

環境管理体制

環境活動に対し、全社を挙げて取り組んでいます。

環境マネジメントシステムへの取り組み

カタログ ダウンロード

KES・環境マネジメントシステム取得

環境への取り組み

女性の職業生活における活躍の推進について

弊社及び弊社グループ各社は、個人の人権と人格を尊重し、あらゆる不当な差別やいやがらせを排除し、公正な処遇がされる職場環境をつくります。健康的で安全・効率的な働きやすい職場環境を維持するとともに、相互に率直なコミュニケーションがとれる、自由で闊達な企業風土の醸成に努めております。また、能力開発支援等により、社員が仕事に誇りと責任を持ち、個性と自主性を発揮して業務に取り組み、ゆとりとゆたかさを実現していく活力ある企業を目指して参りました。女性の活躍推進に関しても適切な職場環境を整備し、女性のキャリアアップを支援するため、次のように行動計画を策定いたします。

女性の活躍推進に向けた行動計画

カタログ ダウンロード

自主行動計画

Copyright KOATSU GAS KOGYO CO., LTD.All Rights Reserved.

top